通水管|<パリ協定>トランプ米大統領が離脱表明

【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領は1日、地球温暖化対策の新しい国際枠組み「パリ協定」から離脱通水管すると表明した。パリ協定は温暖化効果ガス排出量1、2位の中国と米国を含む国連気候変動枠組み条約の全通水管参加国が合意した画期的な枠組みだったが、米国の離脱で空洞化する懸念が強まった。トランプ氏はより有利通水管な条件を得るため、パリ協定の再交渉を求める考えも示したが、世界の温暖化対策が遅れるのは確実な情勢だ通水管。トランプ米政権がパリ協定からの離脱を決めたことに関し、共和党からは称賛の声が出る一方、民主党側か通水管は批判が噴出した。 パリ協定を主導したオバマ前大統領は1日、声明を発表し「確固とした信念に通水管基づいた米国の世界でのリーダーシップが(パリ協定の)達成を可能にした」と指摘。「パリ協定に残る国々通水管は、雇用や産業育成の面で利益を得るだろう。米国はその先頭にいるべきだ」とトランプ氏を批判した。通水管 その上で、「米国のリーダーシップがなかろうと、現政権が未来を拒否する少数の国の仲間に入ろうと通水管も、米国の州や都市、産業界が率先し、未来の世代のために地球を守ると私は確信している」と皮肉った。