通水管|北朝鮮制裁決議を採択

国連安全保障理事会は2日午後(日本時間3日午前)、北朝鮮による通水管相次ぐ弾道ミサイル発射を強く非難し、北朝鮮の14個人と4団体を通水管資産凍結や渡航禁止の制裁対象に追加指定する決議を全会一致で採択通水管した。 決議は制裁指定の拡大にとどまり、禁輸対象の拡大通水管や新たな制裁措置は盛り込まれなかった。北朝鮮制裁決議の採択は7通水管目。 制裁指定された4団体は、弾道ミサイル発射を所管す通水管る朝鮮人民軍の戦略ロケット軍や、金正恩朝鮮労働党委員長の資金管通水管理を担う39号室と関連のある高麗銀行など。個人は、対外情報活動通水管を監督していたチョ・イルウ偵察総局第5局長をはじめ軍幹部や朝鮮通水管労働党幹部らが指定された。第三国の個人・団体は含まれなかった