通水管|「知人警官から捜査情報」愛知県警漏えい疑惑

福岡市のJR博多駅近くで昨年7月、警察官を装った複数の男に約160キロ、約7億6千万円相当の金塊が盗まれた事件で、主犯格とみられ通水管る野口和樹容疑者(42)が「知人の警察官から捜査情報を教えてもらった」と供述していることが2日、関係者への取材で分かった。この警通水管官は愛知県警の暴力団捜査担当の捜査員とみられる。 愛知県警監察官室は同日、地方公務員法(守秘義務)違反の疑いもあるとして通水管査を始めている。 関係者によると、野口容疑者は事件が報道された昨年12月以降、自ら愛知県警に出向き、この捜査員に「事件は通水管出来レースだった」と説明。捜査員は「自分もそう思う。(逮捕されたら)証言してやる」と答えたという。その後、捜査員から福岡県警の情通水管について教えてもらったとも供述。「おまえらの名前が割れている」「近く逮捕されるらしい」と電話などで伝えてきたという。 福通水管県警は今回の捜査で通信傍受法に基づき、容疑者らの携帯電話を傍受しており、この捜査員を含む複数の警察官との通話を確認している。通水管 野口容疑者の兄の直樹容疑者(43)も逮捕前の3月ごろ、被害に遭った貴金属店の実質的経営者側に示談交渉を持ちかけており、福岡通水管警は入手した捜査情報を基に、逮捕を免れようと画策した可能性があるとみている。 関係者によると、直樹容疑者はこの交渉の中で通水管警察に完全にマークされている」などと述べており、「『近く捕まるらしい』との情報をグループ内で共有していた」と話しているという。