通水管|キッズウィークは誰のため?

政府が打ち出した「キッズウィーク」構想への批判が高まっている。キッズウィークのアイデアが公表され通水管たのは、5月24日に開催された教育再生実行会議における、安倍首相の冒頭挨拶の場だった。「家庭や地通水管域の教育力を高めるためには、特に、大人が子供に向き合う時間を確保することが必要」と述べ、そのための策とし通水管、地域ごとに学校休業日の分散化を図る『キッズウィーク』に取り組む考えを語ったのだ。これは6月1日通水管に提出された教育再生実行会議の第十次提言にも盛り込まれ、今後文科省が具体的な政策を検討するという。キ通水管ズウィークは子供のためになるのか?今分かる範囲では、学校の夏休みを5日ほど短くする代わり、別の時通水管期の月~金の5日間を休みにする。これを全国一律ではなく、地域ごとに時期を分散化させて行う、というのが「キ通水管ッズウィーク」の中身だ。教育政策としてこれを提言するのは、「大人が子供と一緒に過ごす時間を多く確通水管するため」とのことだが、本当だろうか?安倍首相は上に挙げた挨拶の中で、こうも言っている。通水管「この取組は教育的な効果はもちろんのこと、観光需要の平準化や地域活性化などに資することにもなります。