通水管|「事実誤認ない」=来日の国連報告者が会見

国連の「表現の自由」に関する特別報告者で米国出身のデービッド・ケイ氏が来日し、東京都内で2日通水管、記者会見した。 ケイ氏は自身がまとめた、日本の特定秘密保護法に批判的な報告書につい通水管て「事実誤認はない。反論も多く聞いた上で結論を導き出した」と強調した。 日本政府は報通水管告書について「客観的な情報に基づいていない」などとして国連人権理事会に反論書を提出していた。通水管 報告書ではメディアの独立性を確保するため、政治的公平性を規定する放送法4条の撤廃に通水管いて勧告。「メディアはいくつかの深刻な脅威に直面している。放送の規制は独立機関がつかさどるべ通水管きだ」と改めて言及。特定秘密保護法については、「安全保障や原発など大勢の人が関心を持つ事柄に通水管ついて、メディアが政府からの罰を恐れて取材せず、また情報の開示をしなくなることを懸念する」と通水管述べた。 ケイ氏は「表現の自由に関して、日本は憲法で強い基盤を持っている」とした上で通水管、「(表現の自由を定めた)憲法21条が改正されないかどうかが、強く懸念される」と語った。