通水管<ロンドン>車暴走、人刺される

c【ロンドン矢野純一】英メディアによると、ロンドン中心部のテムズ川にかかるロンドン橋で3日午後10時(日本時間4日午前6時)すぎ通水管、ワゴン車が歩道を暴走し歩行者をはねた。直後には、近くの食品市場「バラ・マーケット」で、人が刺された。ロンドン警視庁などによる通水管、6人が死亡し、20人がけがをした。警察は両事件を容疑者3人が関わったテロとみて捜査している。 メイ英首相は「警察や治通水管当局の捜査から事件はテロの可能性があるとみて扱っている」と述べた。BBCは、市場では3人組が刃物で4人を刺したと伝えた。武装警通水管が駆けつけ発砲した可能性がある。3人組は暴走したワゴン車から降りてきたとの情報がある。 さらに、数キロ離れたロンドン南通水管ボクソールでも襲撃事件があったと報じられたが、関連は不明だ。 英国では中部マンチェスターで5月22日、22人が死亡する通水管自爆テロが起きたばかり。ロンドンでは3月22日、国会議事堂付近で男が車を暴走させて歩行者をはねた後、警察官を刃物で刺し、5人が通水管亡する事件が起きた。英国では8日に総選挙が予定されている。 トランプ米大統領は「我々は賢明で警戒心があり、強くあるべき通水管。裁判所は我々に権利を取り戻させるべきだ。入国禁止によって、最高水準の安全性を確保すべきだ」とツイート。イスラム圏6カ国からの通水管国を一時禁止する大統領令の正当性を主張する意図とみられるが、ツイートした時点で事件が移民によって起こされたかどうかは不明だ。