通水管<小型機墜落>機内から救出の男性4人全員の死亡確認

 富山県立山町の北アルプス・立山連峰で男性4人が乗った小型飛行通水管機が墜落した事故で、富山県警は4日、富山市の富山大付属病院に搬通水管送した4人全員の死亡が確認されたと発表した。県警は同日早朝、ヘ通水管リによる捜索で同町の獅子岳(2714メートル)南東斜面で墜落し通水管た機体を発見。県警山岳警備隊員らが機内から男性4人を救出し、ヘ通水管で病院に搬送した。【写真】獅子岳南東の斜面に墜落した小通水管型飛行機 4人はいずれも長野県に住む、機長で新中央航空通水管社員の木下孝雄さん(57)=松本市深志▽小口英児さん(48)=通水管岡谷市▽河西勝基さん(21)=諏訪町▽樋口和樹さん(22)=富通水管士見町--とみられる。【古川宗、鶴見泰寿、道岡美波、日向梓】