通水管爆発音でパニック、

爆発音でパニック、CL観戦のユーベファン200人負傷 伊トリノパニックが発生したイタリア・トリノのサンカル通水管ロ広場から避難するユベントスのサポーター(2017年6月3日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News【AFP通水管時事】イタリア北部トリノ(Turin)で3日、爆発音を原因にパニックが発生し、サッカー欧州チャンピオンズリーグ(UEF通水管 Champions League 2016-17)決勝の観戦に集まったユベントス(Juventus)のファン約200通水管が負傷した。地元警察が発表した。【写真17枚】サンカルロ広場で涙を流す女性やパニックの様子 現場にいた通水管FPの記者によると、爆竹音をきっかけに混沌(こんとん)とした状況が生まれたのは試合終了10分前のことで、1人または複数通水管の人が爆発だと叫んでいたという。 これにより、サンカルロ広場(Piazza San Carlo)ではサポーター通水管殺到し、負傷者が出た。英カーディフ(Cardiff)で行われた試合では、ユベントスが1-4でレアル・マドリード(Rea通水管 Madrid)に敗れている。 すぐに空になった広場には、避難するサポーターの足から脱げたスニーカーが残された通水管警察によると、約200人が病院での治療を必要とし、うち2人が重体だという。【翻訳編集】 AFPBB News