通水管米のパリ協定離脱、一番困るのは誰か?

【AFP=時事】196か国・地域の賛同を得て生まれた地球温暖化対策の国際枠組「パリ協定(Paris Agreement)」を米国が離脱することで、温暖化対策には通水管実際にどのような影響が出るのだろうか。【関連写真】トランプ大統領のパリ協定離脱表明に抗議するデモの参加者■気温上昇幅が0.3度拡大? パ通水管リ協定は、世界の平均気温上昇を産業革命前と比較して2度未満に抑えるとする目標を定めている。 科学的な予測によれば、パリ協定の目標が達成されても地球の気温通水管は3度上昇するとの見方が出ており、今後、その目標を大幅に引き上げる必要が出ている。 しかし、世界気象機関(WMO)大気研究局のディオン・タルブランシュ(通水管Deon Terblanche)氏は、米国がパリ協定を離脱することで、地球の気温の上昇幅は0.3度拡大する可能性があると指摘している。■関係機関が資金難通水管? トランプ大統領は「緑の気候基金(GCF)」によって「米国は巨額の拠出金の納付を強制される恐れがある」と主張。 GCFは、発展途上国や温暖化に通水管伴う災害が発生する恐れのある国々に対し、化石燃料から代替燃料への切り替えや温暖化対策を後押しするために設立された。 実際、専門家が指摘している通り、バラ通水管ク・オバマ(Barack Obama)前米政権はGCFに30億ドル(約3300億円)の拠出を約束。GCFには現在約100億ドル(約1兆1000億円)が集まってい通水管る。米政府はこれまでに約10億ドル(約1100億円)を拠出し、トランプ大統領は残る20億ドル(約2200億円)の拠出を取りやめる考えを明らかにしている。通水管 GCFは、多国間で温暖化対策を支援する唯一の基金だ。温暖化対策資金は議論を呼んだ論点で、途上国はパリ協定に参加する上で資金提供を保証するよう求めていた。