通水管CIA「拷問」報告、非公開に

ワシントン時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)などは2日、米中央情報局(CIA)がテロ容疑者に対し行ってい通水管た尋問に関する上院調査報告書について、トランプ政権が政府機関の保管するコピーの議会返還に着手したと報じた。通水管 報告書は、尋問で「拷問」(オバマ前大統領)に当たる過酷な手法が用いられていたと指摘。返還後は情報公開の対象から通水管れるため、「永久に非公開になる可能性が高まった」という。 約6700ページの報告書はオバマ政権下の201通水管年、民主党が多数派だった上院の情報特別委員会が作成。01年の米同時テロ後、ブッシュ(子)政権下でCIAが行ったテ通水管容疑者の拘束・尋問に関する調査結果をまとめた。特別委はCIA、国防総省、司法省などの連邦政府機関にコピーを送付し通水管。 14年12月に公表された要旨によると、報告書はCIAが容疑者の尋問で水責めなど過酷な手段を用いていた通水管非難。正確な情報を得る手段として、そうした尋問は「効果的ではなかった」と結論付けた。オバマ氏は就任後、過酷な尋問通水管中止を命じている。 15年に共和党が議会多数派を奪還。新たに就任した共和党のバー情報特別委員長は、報告書通水管「いいかげんで、CIAに対し過度に批判的だ」と非難し、政府機関が保管するコピーを議会へ返還するよう求めていた。