通水管|<アイヌ遺骨>返還視野 日豪政府が交渉

アイヌ民族の遺骨3体がオーストラリア国内の博物館で保管されていることが昨年から今年にかけて相次いで判明し、豪政府が返還も視野に日本政府と通水管交渉を始めたことが分かった。駐日豪大使が北海道アイヌ協会の代表者と8日にも札幌市内で面会し、遺骨の状況などを説明する。 アイヌな通水管ど先住民族の遺骨は19世紀以降、欧米などの研究者が人類学の研究目的で収集し、英国やドイツなどでも見つかっている。ドイツでは昨年17体が確通水管され、うち1体は1879年に札幌の墓地から盗掘されたものと特定。外交ルートを通じた初の返還が年内に実現する見込みだ。 オーストラ通水管リアで見つかった3体は、いずれも頭骨で、日豪の専門家の調査により、アイヌ研究で知られる東京帝大医科大(現東大医学部)の小金井良精(よしき通水管)名誉教授(1859~1944年)が1911~36年にオーストラリアの研究者に送ったものと確認された。 調査に携わる北海道大アイ通水管ヌ・先住民研究センターの加藤博文教授(考古学)によると、国立メルボルン博物館で2体、国立オーストラリア博物館で1体が保管されている。この通水管うちメルボルン博物館の1体は樺太(サハリン)で収集した記録があるという。 オーストラリアには、他国の先住民の遺骨について、遺骨が通水管するコミュニティーの求めに応じて返還すると定めた国内規定がある。 豪大使館は毎日新聞の取材に「オーストラリアと日本の先住民への理通水管解を促進する機会にしたい」と話し、内閣官房アイヌ総合政策室は「(返還手続きなどは)豪政府側から情報提供を受けた後に検討する」としている