通水管|<加計学園>幕引き急ぐ与党

学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設問題を巡り、政府・与党が幕引きを急いでいる。野党の追及の場となる国会を予定通りに通水管閉じることを最優先させ、会期延長は回避する方針だ。問題が予想以上に長引き、政権に深刻なダメージを与えることになりかねないとの危機感も通水管まっている。【獣医学部新設計画についての質疑で、指を口にあてる安倍首相】 「会期延長せずにいきたい」。首相官邸内から通水管こうした本音が急速に漏れ始めている。 政権が苦境に立たされるのは「官邸の最高レベル」の圧力があったとされる文書の存在をあいま通水管いにし、文部科学省の前川喜平前事務次官の証人喚問にも応じない強気の姿勢が、ここにきて裏目に出ているためだ。 問題の広がりを懸通水管し、調査や証人喚問などを一切拒否する戦術を取ったが、文科省内で情報が共有されたとされる電子メールなど、新たな文書が次々と明るみに出た通水管自民党の下村博文幹事長代行は5日の記者会見で「私的メールまで全部調査するということはする必要はない。判断は適切だ」と火消しを図ったが通水管、早期閉会以外の幕引きは難しくなりつつある。 会期通りに閉会することを前提に、残る焦点は「共謀罪」の成立要件を改めて「テロ等通水管備罪」を創設する組織犯罪処罰法改正案と、性犯罪を厳罰化する刑法改正案に絞られてきている。 与党は「共謀罪」法案については13通水管に参院法務委員会で可決、14日に参院本会議で成立。刑法改正案については15日の法務委で可決、16日に成立させる日程を想定している。