通水管|警官、ハンマーで襲われる

 AFP通信などによると、パリの観光名所ノートルダム寺院前の広場で6日午後、警戒中の警官がハンマーを持った男通水管に襲われ、負傷した。襲われた警官の同僚が男を銃撃し、拘束したという。ロイター通信によると、仏検察の対テロ部門通水管が捜査を開始した。 ニュース専門局BFMTVは、容疑者について40歳のアルジェリア人の男と伝えている通水管。同局によると、男はリュックサックからハンマーを取り出して、巡回中の警官の頭付近を殴りつけた。同僚の警官が2通水管度発砲し、男は足を撃たれてその場に倒れたという。襲われた警官(22)は首付近に負傷したが、命に別条はないとい通水管。 ジェラール・コロン内相は事件発生直後、現場に駆けつけた。内相によると、容疑者の男は単独犯で、襲撃通水管の際に「これはシリアのためだ」と叫んだという。襲撃に使ったハンマーのほかに料理ナイフ2本を所持していたという通水管。自らについて「アルジェリア人の学生」を名乗っており、身元の確認を急いでいるという。 事件当時、広場通水管周辺には数百人の市民がいたが、警察は避難を促して現場一帯を封鎖し、付近に近づかないよう市民に呼びかけた。寺院通水管内には900人がいたが、事態が収拾されるまで寺院内にとどめられたという。目撃者に対して事情聴取も行われる。