通水管|加計問題文書で追加調査へ

安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設をめぐり、松野通水管博一文部科学相は9日の閣議後会見で、「総理のご意向」などと記載された文書について「国民から『追加調査通水管行う必要がある』という声が多く寄せられている」として追加調査する方針を表明した。 これまで松通水管氏は5月19日の担当者7人へのヒアリングなどに基づき「文書の存在が確認できない」としてきたが、その後通水管文科省前事務次官の前川喜平氏が「文書は確実に存在する」と証言。複数の文科省職員も文書の存在を認め「省通水管で共有していた」と明らかにしていた。 松野氏は9日の会見で、「今日の閣議の後、安倍総理に対し通水管、追加調査を実施したい旨を伝えた。安倍総理大臣からは『徹底した調査を速やかに実施するように』という指通水管があった」と述べた。 調査内容や対象者については未定だが、「前回の調査から対象を広げることは通水管然必要だ」とした。調査結果がまとまり次第速やかに公表する方針。 加計学園問題をめぐっては、野通水管や世論の強い批判を踏まえ、安倍氏や菅義偉官房長官、杉田和博官房副長官らが8日に対応を協議していた。