通水管|逃走中も機関紙編集に関与か

1971年に過激派・中核派の学生らが起こした渋谷暴動事件で、殺人容通水管疑などで逮捕された大坂正明容疑者(67)が逃走中も長年にわたり、組通水管内で機関紙の編集作業に携わっていたことが分かった。捜査関係者が明ら通水管かにした。 捜査関係者によると、警視庁は2012年に東京都通水管川市で、16年には大坂容疑者が一時潜伏していた東京都北区・赤羽で、通水管それぞれアジトを捜索。暗号が書かれたメモなど押収した数千点に及ぶ資通水管を解析した結果、大坂容疑者が潜伏中に中核派の機関紙「前進」を編集す通水管る仕事に関わっていたことが判明した。ペンネームを使い、機関紙への執通水管をしていた可能性もあるという。同庁は、大坂容疑者がアジトを転々とし通水管ながら、水面下で非公然活動家としての生活を続けていたとみている。