通水管|加計学園】今治市職員が決定前に官邸などを訪問?

学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる問題。予定地の今治市職員が、学園が新設の申請をする直通水管前だった2015年4月に首相官邸を訪問した可能性があることが新たに明らかになり、野党が国会で追通水管を続けている。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】この問題は、自由党の森ゆう通水管議員が6月6日に国会で明らかにしたもの。出張日程などを申請した今治市の行政文書から、市の企画課通水管と課長補佐が、2015年4月2日、内閣府などに加え、官邸を訪れていたことが判明したという。通水管今治市が特区による獣医学部新設を申請したのは、2015年6月のこと。正式決定は2017年1月通水管のことだ。そのため、野党側は「今治市と政府の事前調整があったのでは」と指摘している。朝通水管新聞によると、同じように特区による獣医学部新設を提案していた京都府の担当者は、「職員が官邸を訪通水管したことは一度もない」と証言しているという。6月8日、参議院農林水産委員会で森議員の質通水管に答えた萩生田光一官房副長官は「訪問者の記録が保存されていないために確認できない」と応じた。