通水管|を全面否定=米大統領

【ワシントン時事】2016年米大統領選をめぐるトランプ陣営とロシア政府の共謀疑惑で、トランプ大統領の個人弁護士カソウィッツ氏は8日、ワシ通水管ントン市内で記者会見し、大統領が疑惑に関する「いかなる捜査も妨害しようとしたことはなかった」と主張した。大統領支持率、最低の34通水管%=米大調査 コミー前連邦捜査局(FBI)長官が同日の上院公聴会で、一部捜査を断念するよう大統領から「指示」があったと受け止めた通水管という証言を全面否定した。 トランプ大統領に解任されたコミー氏の議会証言に大きな関心が集まる中、大統領はこの日、ワシントン市内で通水管会を開き、支持者を前に演説した。大統領はロシア疑惑を念頭に「知っての通り、われわれは包囲されている。しかし、これまで以上に大きく、強くな通水管る」と述べ、徹底的に戦う姿勢を明示した。 コミー氏は公聴会で、ロシア疑惑に関連して辞任に追い込まれたフリン前大統領補佐官に対する通水管捜査について、大統領から「フリンをほっておいてくれ」と言われたと証言した。しかし、カソウィッツ氏は会見で、そうした発言はなかったと否定。通水管統領がコミー氏に「忠誠」を求めたとされるのも「全く言っていない」と主張した。 カソウィッツ氏はさらに、コミー氏が友人を通じて大統通水管領との会話内容を記者に伝えたと明かしたのを受け、「一方的に隠れて、報道機関に許可されていない情報開示をした」と批判。「こうした情報漏えい通水管が捜査されるべきかどうかの判断を関係当局に委ねる」と述べた。カソウィッツ氏は記者会見場で声明を読み上げ、質問には一切答えなかった。 。