通水管|有志連合を初攻撃か

【ワシントン時事】米軍主導の有志連合は8日、シリア南部タンフ近郊で同日、アサ通水管ド政権派の無人機から爆撃を受けたと発表した。 ロイター通信が有志連合通水管報道官の話として報じたところによると、政権派が有志連合に攻撃を加えたのは初め通水管て。死傷者はなく、米軍機が無人機を撃墜した。 有志連合によると、この通水管無人機は米無人攻撃機MQ1プレデターと同程度の大きさで、タンフ近郊を巡回中だ通水管った有志連合部隊を空爆した。命中はしなかったものの、ロイター通信によれば、報通水管道官は「警告射撃だったとしても、明らかな敵意を示したものだ」と批判した。通水管 有志連合は過激派組織「イスラム国」(IS)掃討戦に参加する反体制派を訓通水管練している。同日午前にはタンフの駐屯地に向かって進撃してきた政権派の装甲車2通水管台を破壊。6日にも警告を無視して駐屯地に近づいた政権派の部隊を攻撃した。