通水管|マー君の言語問題が全米に波紋

ヤンキースの田中将大が、マウンド上で通訳を介してロスチャイルド投手コーチと話す姿を、ボストン地元局の解説者であるジミ通水管ー・レミー氏が批判した問題が、さらなる波紋を広げている。 メジャーリーグでは2013年からは、通訳が監督、コ通水管チに同行してマウンドへ行くことができるようになった。しかし、レミ-氏は、「これが認められるとは思わない」「英語を学ぶ通水管べき」などと発言した。その後、騒動になったため、レミー氏は翌朝に自身のツイッターアカウントで「夕べのテレビ中継でのコ通水管ントで不快な思いをさせたことを心よりお詫びします」と謝罪することで事態を収拾したが、現地時間6日にもうひとつの言語問通水管題が発生した。 フィリーズ一筋で活躍、野球殿堂入りしているマイク・シュミット氏が、英語を母語としない選手への通水管定的発言をしたのだ。フィリーズでプレーしているWBCベネズエラ代表でもあったオデュベル・ヘレーラ外野手(25)に対し通水管て「(チームリーダーになれるか?)正直な答えはノーだ。理由は言葉の壁があるからだ。4、5人のアメリカ人の選手と輪にな通水管て試合について話すことができないから」と話した。 だがその後、この発言も問題になったため、フィリーズのブレン通水管記者のツイートによると、シュミット氏はヘレーラ外野手に電話をして直接謝罪。ヘレーラ外野手もこれを受け入れたという。