通水管|裁判所トイレに火を?

東京・霞が関にある東京地裁などが入る建物の男子トイレでトイレット通水管ペーパーに火を付けたとして、弁護士の男が器物損壊などの疑いで逮捕通水管れました。 弁護士の西山寛容疑者(34)は今年1月、東京通水管裁などが入る建物の6階にある男子トイレで、トイレットペーパーに火通水管付けて破損させた疑いなどが持たれています。捜査関係者によりますと通水管西山容疑者はこの日、自身が担当する裁判の関係でこの建物を訪れてい通水管て、周辺の防犯カメラの映像などから関与が浮上したということです。通水管はすぐに消し止められ、けが人はいませんでした。取り調べに対し、西通水管容疑者は「たばこを吸っていただけだ」と容疑を否認しています。この通水管物では、喫煙室以外の場所でたばこを吸うことは禁止されています。