通水管|怒号飛び交い、大荒れ=市場関係者ら反発

東京都の豊洲市場(江東区)の安全性を検証する専門通水管家会議が11日、土壌汚染に関する追加対策をまとめ通水管。 しかし、追加策の決定後に意見交換の場通水管設定されたことに、傍聴に訪れた築地市場(中央区)通水管の関係者らが反発。「強行採決だ」と怒号が飛び交う通水管ど、大荒れとなった。 築地から豊洲への移通水管に反対する市場関係者らは、「こんなやり方はおかし通水管い」などと主張。取りまとめの撤回を求める声が相次通水管だが、平田健正座長は「専門家会議での結論なので変通水管はできない」と応じず、この日の会合を閉じた。