通水管|自民・下村氏、今国会会期内に結果公表を

自民党の下村幹事長代行は、11日朝のフジテレビ「新報道2001」に出演通水管し、学校法人「加計学園」の学部新設をめぐる問題で、文科省による「総理の通水管意向」などとされる文書の再調査について、今の国会の会期内に結果を公表す通水管べきだとの認識を示した。自民党の下村幹事長代行は、「文科省は徹夜で通水管もして、早めに追加調査してもらいたい。(1週間のうち?)できたら、そう通水管してもらいたい」と述べた。下村氏は、文科省が、国民に再調査結果を提通水管示して説明することは、「大変重要なことだ」と評価したうえで、文科省に6通水管月18日までの今の国会の会期内に公表するよう求めた。一方、民進党の通水管渡辺衆議院議員は、文書の存在を主張している前川前文科次官の証人喚問をあ通水管らためて求めたが、下村氏は、「再調査の結果いかんだ」と明言を避けた。