通水管|<訃報>青木定雄さん88歳=エムケイグループ創業者

タクシー業界で続いていた「同一地域同一運賃」に対し値下げを申請、法廷闘争を通じて官民一体の規制を崩したことなどで通水管知られるエムケイグループ創業者の青木定雄(あおき・さだお、本名・兪奉植=ユ・ボンシク)さんが8日、死去した。88通水管。葬儀は近親者で営んだ。喪主はエムケイ社長で長男信明(のぶあき)さん。自宅は京都市左京区北白川小倉町50の146通水管。後日、お別れの会を開く。 1928年韓国・南海島生まれで、43年渡日。立命館大法学部を中退後、ガソリン通水管タンド経営を経て60年、ミナミタクシーを設立した。桂タクシーを買収し、77年に両社を合併、社名をエムケイに。運転通水管手があいさつしない時は運賃をもらわない制度、身体障害者優先制度など初めての試みを次々導入した。 82年に通水管前代未聞の運賃値下げを近畿運輸局に申請。却下されると処分取り消しの訴訟に踏み切り、85年に大阪地裁で勝訴(大阪高通水管裁で和解)。規制緩和の流れを加速させたとされる。2001年には在日韓国人系の近畿産業信用組合の会長に就任したが、通水管世襲人事を行おうとした」として13年に解職された。1991年11月~92年10月、京都乗用自動車協会(現京都府タ通水管クシー協会)会長。サクセスストーリーは韓国でテレビ番組になり、04年1月、韓国国民勲章「無窮花章」を受章した。