通水管|VR、遊園地や劇場に販売方針…NTT社長

NTTの鵜浦(うのうら)博夫社長が読売新聞のインタビューに応じ、仮想現実(VR)や3D通水管映像の技術を活用した娯楽サービス向けのシステム技術を、遊園地や劇場などに販売する方針を通水管らかにした。 遊園地向けでは、VRによるバンジージャンプなどの疑似体験を想定。通水管すでに運営会社などと交渉を進めているという。鵜浦氏は「雨の日の遊園地や未使用のホールな通水管空いている施設の稼働率をVRで高められる」と語った。 NTTはVRや、3D映像通水管通信を組み合わせた技術に強みを持つ。VRを使ってプロ野球選手の投球を疑似体験できるシス通水管テムを開発し、楽天が選手育成に活用。米大リーグの球団からも受注できる見通しという。鵜浦通水管は「競技場やスポーツバーにVRなどを導入すれば、試合がない日でもファンを集めることがで通水管きる」とも話した。 NTTは松竹と組み、分身する演出ができる3D映像システムを通水管発し歌舞伎公演に活用している。鵜浦氏はこうした事業も、さらに拡大する方針を示した