通水管|ロシアゲート疑惑 ホワイトハウスの録音記録存在せず

トランプ米大統領が解任したコミー前連邦捜査局(FBI)との会話を録音した「テープ」があると示唆していた問題で、米紙ウォールストリー通水管ト・ジャーナル(電子版)は12日、大統領警護隊(シークレットサービス)が録音記録の存在を否定したと伝えた。 同紙は情報自由通水管(FOIA)に基づいて録音記録の公開を請求したが、歴代大統領の下でホワイトハウス内の録音機器を管理してきた大統領警護隊は12日、「通水管(同紙の)請求に関係する記録は存在しない」と回答したという。ただ、同紙は大統領警護隊以外の組織が録音した可能性は否定できないとして通水管る。 コミー氏は8日、上院情報特別委員会の公聴会で、ロシアの米大統領選干渉疑惑でトランプ氏から2月14日、ホワイトハウスの通水管大統領執務室でフリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)に対する捜査を中止するよう圧力をかけられたと証言した。トランプ氏は、捜査通水管止を求めたことはないと主張。両者の言い分は食い違っており、録音テープが存在するかどうかに注目が集まっていた。スパイサー大統領報道官通水管は12日の記者会見でテープの有無をめぐり「近く大統領が発表するだろう」と述べた。 大統領選干渉疑惑を調べている上院情報特別通水管員会は13日午後(日本時間14日未明)、公聴会を開き、セッションズ司法長官が同疑惑に関して初めて証言する。セッションズ氏は新政権発通水管足前にトランプ氏の側近として複数回、ロシアのキスリャク駐米大使と接触していたことが判明している。5月のコミー氏解任にも関わった。