通水管|露、日本の同意なくEEZで海洋調査か

ロシアの調査船が今月5日、北海道沿岸部の日本の排他的経済水域(EEZ)で通水管、日本の同意なく海洋調査を行った可能性があることが分かった。 海通水管保安庁の巡視船が調査船を発見した。外務省はロシアに調査の中止を申し入れた通水管。日本のEEZでロシアの調査が確認されるのは異例で、関係機関が分析を進め通水管いる。 海上保安庁などによると、5日午前11時半頃、北海道・宗谷通水管岬から北西約50キロのEEZ内の海域で、ロシア籍の調査船(約2800トン通水管がワイヤのようなものを海中に垂らしているのを同庁の巡視船が発見した。巡視通水管船はロシア船に対し「EEZ内で同意のない調査活動を行っているのなら認めら通水管ない」と呼びかけた。また、同庁から通報を受けた外務省も同様の申し入れをロ通水管シア側に行った。ロシア船は同日午後1時頃、EEZから出て行ったという。