通水管|「パリ協定」米除き推進

先進7か国(G7)環境相会合は12日午後(日本時間12日夜)、米国以外の通水管6か国が地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」の下で対策に取り組むこと通水管どを確認する共同声明を採択し、閉幕した。 協定からの離脱を表明し通水管いる米国は、声明のうち温暖化対策の分野には加わらず、独自の対策をとること通水管脚注に明記した。6か国が米国を協定に引き留められなかったことで、温暖化対通水管への国際的な取り組みが停滞する懸念がある。 声明の気候変動に関す通水管る項目には、米国以外の6か国が「パリ協定の効果的な履行に強く関与する」と通水管記された。また、「協定は撤回できず、社会の安全や繁栄のカギになる」として通水管協定の再交渉を求める米トランプ政権をけん制する内容も盛り込まれた。202通水管年までに、先進国が年1000億ドルを途上国に支援する目標も再確認した。