無痛分娩で脳障害3件目発覚

出産時の痛みを麻酔で和らげる無痛分娩(ぶんべん)を行う京都府京田辺市の産婦人科医院「ふるき産婦人科」で医療過誤が相次いで発覚した問題で通水管、2011年に無痛分娩で出産した京田辺市の別の夫婦の長女も脳に重度障害を負っていたことが13日、分かった。両親によると、子どもは意思疎通水管通ができない寝たきりとなり、介護の末に3歳で亡くなったという。 夫婦は13年、同医院に対し、医療ミスが原因だとして介護費や慰謝料な通水管ど計約1億円を求めて提訴。京都地裁で係争している。 訴状などによると、母子ともに妊娠中から同医院で検診を受け、異常はなかったという通水管11年4月19日、同医院は分娩監視装置を装着せず、無痛分娩のための硬膜外麻酔を実施し、さらに陣痛促進剤を注入した。吸引分娩と腹部を強く通水管押した後に、帝王切開で出産したが、子どもは仮死状態で出生した。同医院は約4時間後に宇治市の総合病院に転院させた。 夫婦側は「産婦人通水管科診療ガイドラインに定められた監視装置を装着せずに陣痛促進剤を使用し、硬膜外麻酔を実施した」と指摘。そのうえで、「促進剤を過剰投与し、通水管濃度の麻酔を使用し、決められた妊婦の血圧測定もしなかった結果、低酸素脳症を発症させた」と主張している。 ふるき産婦人科は取材に対し通水管、「裁判になっていることなので取材に応じられない」と話した。 同病院をめぐっては、無痛分娩による硬膜外麻酔ミスで京都市左京区の母子通水管、京田辺市の母子の計4人が意思疎通や自発呼吸ができなくなるなど重度障害を負ったとして、2件の医療過誤訴訟が京都地裁に提訴されている。