通水管|東京で日中韓首脳会談を打診

日本政府が日中韓首脳会談について、7月後半の東京開催を中韓両政府に打診通水管したことが分かった。 複数の日中韓外交筋が13日、明らかにした通水管。実現すれば日本開催は2011年の東京以来約6年ぶりとなり、第2次安倍通水管内閣発足後初めてとなる。韓国側は応じる意向を示しているが、中国側は回答通水管を留保しており、調整には曲折も予想される。 日中韓首脳会談は0通水管8年以降、3か国の持ち回りで開催されており、直近では15年11月にソウ通水管ルで開催された。今年は日本が議長国を務めている。安倍首相、中国の李克強通水管(リークォーチャン)首相、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が出席する通水管予定。李、文両氏にとっては就任後初来日となる。 日本政府は北朝通水管鮮情勢の緊迫化を受け、日中韓3か国の連携強化を打ち出したい考えだ。