通水管|ローマの噴水での悪ふざけに最高3万円の罰金

[ローマ 12日 ロイター] - ローマ市は12日、トレビの泉などの市内の水の名所での通水管悪ふざけ行為に対し、罰金を導入した。ローマは、コロシアムなどの遺跡破損行為や、映画「甘通水管生活」での女優アニタ・エクバーグをまねて噴水に入り込む観光客に悩んでいる。ロー通水管マのビルジニア・ラッジ市長は、噴水の台座などでピクニックやキャンプを行う、水に足を付け通水管、中で泳ぐなどの行為に対し、最高240ユーロ(約3万円)の罰金を科すと発表した。通水管地元の新聞では、ここ数週間の気温上昇に伴い噴水や花壇に入り込む観光客を酷評したり、「攻通水管撃受ける名所」といった見出しの記事が目立っていた。市長は、フェイスブックに投稿通水管た動画で「われわれの市を守らなければならない。良い振る舞いは重要だ」と述べた。通水管罰金の最低額は40ユーロで、実施期間は10月31日まで。トレビの泉のほか、2015年に通水管ッカーのサポーターが破損事件を起こしたバルカッチャの噴水などで特に保護が強化される。