通水管|米司法長官 “露と共謀”は「驚きのウソ」

アメリカのトランプ政権とロシアをめぐる疑惑で、渦中にいるセッションズ司法長官が通水管現在、議会で証言している。 アメリカ議会で行われている公聴会の中で、セ通水管ッションズ司法長官は、去年の大統領選挙中、駐米ロシア大使と接触したことについて通水管、「確かに2回あったが、選挙に関わる会話はしていない。不適切なものではない」と通水管主張した。 また、ロシアと共謀していたとの疑いについては、「ひどい、驚通水管のウソだ」と強調した。 さらに、ロシアをめぐる疑惑の捜査から身を引いて通水管以降、「捜査に関する情報は何も得ていない」と強調した。 一方、トランプ通水管大統領がロシア疑惑の捜査を指揮するミュラー特別検察官の解任を検討しているとの報通水管道に関連し、トランプ大統領はミュラー氏を信頼しているかについて聞かれ、セッショ通水管ンズ氏は「私は知らない。そのことについて大統領と話していない」とだけ述べた。