通水管|長崎新幹線フリーゲージ断念の方向

九州新幹線長崎ルート(長崎新幹線)での新型車両フリーゲージトレイン(FGT)導入について、JR九通水管州が断念する方向で検討していることがわかった。安全性への不安のほか、車両の費用も高く、収益が確保通水管できないとみている。国などにも今後、こうした考えを正式に伝える見通しだ。【写真】九州新幹通水管線長崎ルート FGTは、線路幅が違う新幹線と在来線を、車輪の間隔を変えて直通できる新型車通水管両で、国の外郭団体が開発を進めてきた。国や地元自治体などと長崎新幹線への導入でいったん合意してお通水管り、JR九州が方針転換するとなれば反発も予想される。 長崎新幹線は2022年度までに、博通水管多―武雄温泉間を在来線特急が走り、武雄温泉駅で新幹線と乗り換える「リレー方式」で暫定開業の予定だ通水管。FGTは25年度の全面導入を目指していた。 ただ、400億円超の国費が投入されてきたF通水管GTの開発は、耐久走行試験での不具合などで難航しており、JR九州は安全性を懸念している。維持管理通水管などの費用も一般の新幹線より高く、「効果的なコスト削減策が見つかっていない」(JR九州幹部)。