通水管|牛歩戦術、福島瑞穂氏ら投票間に合わず

15日午前7時46分、伊達忠一議長が、投票を終えた参院議員に宣言した。「(「共謀罪」)法案は可決通水管されました」【写真】山本太郎氏は投票時に抗議の声を上げた 賛成165、反対70。通水管カメラのフラッシュがたかれる中、閣僚席の金田勝年法相が立ち上がり、緊張した表情で議員席に2度、礼通水管した。議場は与党議員の拍手と野党議員の怒号に包まれ、「こんなの認められない」と抗議の声が響いた。通水管 法成立後、小川敏夫議員(民進)は「日本がますます悪い方向にいく。『共謀罪』法案の審議は通水管から何まで横暴だった。数のおごりだ」と憤った。 採決では、社民党や自由党など少数会派7人通水管が牛歩戦術を展開。議長が投票時間を2分に制限し、福島瑞穂議員(社民)ら3人はその制限内に投票が間通水管に合わなかったとして、「投票せず」との扱いになった。 福島氏は「希代の悪法をすんなり通し通水管はいけないと抵抗した。参院では17時間50分しか審議していない。こんな短期間で成立させていいはず通水管はない」と批判した。森ゆうこ議員(自由)は「発言時間を制限するのは言論の府の死。自殺行為だ」。