通水管|「加計学園」問題 内閣府も調査

学校法人「加計学園」の学部新設をめぐる文書の問題で、通水管これまで調査を行わないとしていた内閣府が、内部調査を通水管う方針を固めた。加計学園の獣医学部の新設をめぐっ通水管は、「総理のご意向」とする文書が、文部科学省内に存在通水管ていたとされ、文科省は、文書の有無などに関する再調査通水管結果を、15日にも公表する方針。一方、文科省側に通水管圧力をかけていたとされる内閣府は、これまで調査を行う通水管要はないとしていたが、一転して、調査を行う方針を固め通水管近く表明するものとみられる。内閣府の判断は、文科通水管の調査がまとまることを受けてのものとみられている。