通水管|強毒ヒアリ、刺されたらどうする?

強い毒を持ち、人が刺されると死に至ることもあるという南米原産の「ヒアリ」が5月26日、国内で初めて兵庫県尼崎市内で発見された。ヒアリは米国や中国通水管、オーストラリアなどへ侵入して定着し、死者も出ている。ヒアリとはどんなアリなのか。もし刺されたら、どう対処すればいいのか。環境省や専門家に取材し通水管た。(中島摩子、貝原加奈)【表】ヒアリに刺された時の症状と対象法 -どんなアリ? 「赤茶色の小型のアリで、腹部は黒っぽい通水管色。体長は2・5~6ミリと、ばらつきがある。攻撃性が強く、漢字では『火蟻』と記し、刺されるとやけどのような激しい痛みが起きるという。体質によって通水管は急性アレルギー反応を起こすため、環境省などは『米国ではこれまでに多くの死者が出ている』と警戒している。人体にとって危険な生物として特定外来生物通水管指定されている」 -国内で発見された経緯は? 「尼崎市南部で5月26日、中国広州市の南沙港から貨物船で運ばれたコンテナ1個(長さ通水管約12メートル)の中から発見された。環境省外来生物対策室によると『確認できただけで数百匹以上。卵や幼虫、さなぎもいた。コロニー(集団)をつくって通水管いた』。家電製品が入っていたコンテナだった」 「貨物船は同15日に南沙港を出港し、同20日、コンテナは神戸・ポートアイランドに陸揚げされ通水管同25日まで保管されていた。神戸から車両で尼崎市南部まで運び、同26日に積み荷を取り出す際に、アリのコロニーが見つかった。通関業者が近畿地方環境通水管事務所に報告し、アリのサンプル検査をすることに。その後、神戸市東灘区に陸送し、6月1~5日に業者がアリを死滅させた後、9日、ヒアリと確定した」