通水管|<タワマン火災>日本で起きたら…

 英国ロンドンの高層マンションで火災が発生し、大勢の死傷者が出ました。万が一日本で起きたときのために、自宅マンションの防災設備や避難経路を知ってお通水管くことは大切です。住宅ジャーナリストの櫻井幸雄さんが解説します。【毎日新聞経済プレミア】【写真特集】火災のあったロンドンの高層マンション通水管 短時間で一気に燃え上がるロンドンの建物映像を見て、恐怖を抱いた人は多いだろう。マンションとは、これほど火災が広がりやすいものなのか……。だが通水管、結論を先に申し上げると、日本のマンションでこのように短時間で火災が広がったことはない。 実際、これまでも、何件か超高層マンション、高層マ通水管ションで火災が起きたことはある。火災は起きたが、大きく燃え広がることはなかった。 ◇初の高層マンション火災は1989年の東京・江東区通水管 「超高層」の基準となる地上60メートル(およそ20階建て)以上のマンションで初めて火災が起きたのは、1989(平成元)年。東京都江東区の出来事だ通水管った。超高層マンションで初めての火災と大きなニュースになったが、損傷は約108平方メートル。6人がけがをしたが死者はいなかった。 火元の1通水管戸が焼失し、共用廊下やエレベーター部分まで煙が及んだ。他に起きた超高層マンション、高層マンションの火災も、火元の1住戸が燃えただけで、周辺住戸の外通水管壁が焦げた程度で鎮火している。消火活動で、室内に水が入った住戸は複数あるものの、火は燃え広がらなかった。 ロンドンのマンション火災を受け、通水管本のマンションは安全である、と多くのマスコミが報道している。ただ、いくつかの報道に、ビルとマンションを混同した表現があり、戸惑う人もいたようだ。