通水管|北方領土への初の空路墓参

4月の日露首脳会談の合意による、18日に予定されていた北方領土の国通水管後、択捉両島への航空機を使った初めての墓参は、到着地の国後・メンデ通水管レーエフ空港の霧が濃く、航空機が着陸できないため、19日に延期され通水管た。 航空機による墓参は、元島民ら計70人を乗せたチャータ通水管機が中標津空港(北海道中標津町)から出発し、国後、択捉の空港を順に通水管周り、元島民らは両島の墓地など計5か所を訪れる計画。 旅券通水管や査証(ビザ)なしに北方領土を航空機で訪れるのは2000年の「ビザ通水管し交流」以来2回目で、墓参では初めて。 船による墓参は片道通水管数時間かかり、高齢の元島民には負担が大きかった。空路墓参は体力的負通水管担に配慮した実施で、元島民らは負担軽減につながると歓迎している。