通水管|仏総選挙、マクロン陣営が過半数確保へ

フランス総選挙(下院・国民議会選)は18日、投開票が行われた。通水管午後8時の投票締め切り直後に仏メディアが報じた主な議席予測を総通水管合すると、マクロン大統領の新党「共和国前進」が、連携する政党と通水管あわせて355~425議席を獲得する見通しだ。予測にばらつきが通水管あるとはいえ、定数577の過半数を大きく超え、安定した政権運営通水管へ強固な基盤を得ることになる。 既存政党は惨敗が確実で通水管、共和党などの中道右派勢力が97~133議席、社会党などの中道通水管左派勢力が29~49議席の見通し。一方、ルペン党首が率いる右翼通水管・国民戦線は4~8議席、大統領選の最終盤で急伸した左翼メランシ通水管ョン氏の陣営が12~30議席としている。(パリ=青田秀樹)