通水管|加計新文書、文科相「正確性欠く」

「総理は『平成30年4月開学』とおしりを切っていた」――。加計(かけ)学園の獣医学部新設計画に揺れた国会が閉会した2日後の20日、計画を巡る文部科学省の新通水管たな文書がまた明らかになった。政権幹部や閣僚らは終日弁明に追われたが、苦しさも見える。【写真】記者会見する松野博一文科相=20日午前11時25分、通水管京都千代田区、西畑志朗撮影 「正確性の面で著しく欠けていたメモが外部に流出した。副長官には大変迷惑をかけたと考えています」 20日午後通水管。松野博一・文部科学相は新たに公開した萩生田光一・官房副長官の「ご発言概要」と題した文書について、こう言った。 萩生田氏と文科省の常盤豊・高等教育通水管長との面会内容を記したという文書。その存在を認める一方、松野氏が謝ったのは「副長官の発言でない内容が含まれている」との理由だ。 松野氏は今回の文書通水管について、萩生田氏と常盤氏の発言に加え、作成者の課長補佐が内閣府などから集めた情報の「三つの内容が混在している」と説明。文書を公表した午前中の会見ではなか通水管た「(文書は)正確性に著しく欠けていた」という表現を用い、文科省の落ち度をより強調した。 しかし、萩生田氏でなければ、文書に盛り込まれた発言は誰の通水管ものだったのか。この点について、松野氏らから明確な説明はないままだった。義本博司総括審議官は「(局長らの)記憶が定かでない」などと繰り返した。 午通水管にあった菅義偉官房長官の会見では具体的な言及を避ける姿が目立った。 「萩生田副長官が発言を否定しているが、なぜ文科省からこうした文書が出てくるのか通水管」との質問に、菅氏はこう答えた。「私が聞きたいです」。文書の内容について印象を問われると、「萩生田副長官がコメントを発したとおりだと思う」とだけ述べた。