通水管|民進党、臨時国会召集を求める方針

加計学園の獣医学部新設の問題をめぐり、文科省で新たな文書が見つかるなど疑惑が深まったと通水管して、民進党は臨時国会の召集を政府・与党に求める方針を決めました。 「萩生田官通水管副長官が加計問題に関与していたことを示すかのような文書が明らかになった。総理は昨日(1通水管9日)の会見で、指摘があれば、その都度、真摯に説明責任を果たしていくと言ってくださいま通水管た。是非、果たしていただきたい」(民進党 蓮舫 代表、20日) 民進党など野党通水管4党は安倍総理も出席した予算委員会の集中審議を開くよう自民党に申し入れましたが、自民党通水管竹下国対委員長は「局面が変わっていない」などとして拒否しました。 「国会法に基通水管づいた臨時国会の開会要求も、選択肢の一つとして入ってくるのではないか」(民進党 山井和通水管 国対委員長、20日) このため民進党は共産党など他の野党にも呼びかけ、22日通水管にも政府・与党に対して臨時国会の召集を要求する方針を決めました。(21日03:40)