通水管|内閣府「おとう飯」キャンペーンって何

内閣府の男女共同参画局が「おとう飯(はん)」というキャンペーンを開始した。夫の料理へのハードルを下げ、家事に参加する時間を通水管増やすための取り組みだ。 一方、インターネット上では「その前に労働時間を6時間ぐらいにすれば」「早く帰れないのが実通水管だろうに」などといった意見が少なくない。内閣府はどう考えているのか。■「これまで料理なんかできないと思っていたあな通水管」 内閣府は2017年6月12日に「おとう飯」キャンペーンを開始。特設サイトには「これまで料理なんかできないと思っ通水管いたあなた、立派な料理を作らなければいけないと思っていたあなた。いいんです。『おとう飯』ならいいんです! 簡単に、手間を掛通水管ず、多少見た目が悪くても美味しければ、それが『おとう飯』」といったメッセージが書かれている。 J-CASTニュース通水管取材に答えた内閣府・男女共同参画局推進課の担当者によると、活動としては各種イベントに参加しての周知と、専用ウェブサイトでの通水管うしたイベント告知・情報発信などをしていく予定。狙いとしては「夫の料理参加へのハードルを下げたいと考えています」と話す。通水管  「料理は、普段からやっている人にとっては簡単なことかもしれませんが、普段やらない人、できない人にとっては足踏みしが通水管です。そういう観念にとらわれず、難しいものじゃないという意識をもってもらえればという考えで『おとう飯』を立ち上げました」