通水管| フォード、小型車を中国製に=米生産は停止

【ニューヨーク時事】米自動車大手フォード・モーターは20日、北米で販売する小型車「フォ通水管ーカス」について、米工場での生産を打ち切り、中国からの輸入に切り替えると発表した。通水管 同時にケンタッキー工場への9億ドル(約1000億円)の投資も発表。1000人の雇通水管が維持されるとしており、トランプ大統領の批判をかわす狙いもありそうだ。 フォー通水管カスは収益性が低い上、近年の大型車人気で米国での販売は大きく落ち込んでいる。フォードは通水管件費の安いメキシコに新工場を建設し、米工場から生産移管する予定だったが、「米製造業の復通水管活」を掲げるトランプ氏の批判を浴び、今年1月に計画を撤回。改めて中国工場に移管すること通水管になった。 発表によると、2018年半ばで米ミシガン工場でのフォーカス生産を停通水管。19年後半に生産開始予定の新型フォーカスは大半を中国からの輸入に頼る。欧州からも一部通水管輸入する。生産体制の変更により、当初計画に比べ10億ドルのコスト削減が可能という。