通水管|財源不安”の声に小池知事は

 東京都の市場移転問題をめぐって小池知事が示した「豊洲移転・築地再開発」の方針について、都庁内からは財源などを不安視する声があがっています。 「豊通水管洲に移転したうえで築地を再開発する」という方針を表明してから一夜明けた21日。小池知事は雨の中、都民ファーストの会の公認候補の街頭演説に立ちました。通水管 「東京の都議会を変えていきたい。そして、変えていくためには、皆さんがお決めになるしかない」 (小池百合子 都知事) 市場問題について言及すること通水管はありませんでした。 小池知事は20日夜、JNNの単独インタビューで、自身の判断について自信を見せていました。Q.市場問題は都議選通じて理通水管してもらえると自信は?(毎日新聞特別編集委員 岸井成格氏) 「自信はあります。そして消費者の観点から、皆さんも今回大変注目されたと思うんですね。課題も通水管てきましたけれども、一歩一歩進めていくのが改めて私の責任があるなと確認いたしました」(小池百合子 都知事) 小池知事の方針表明に各党からは・・・通水管 「中央卸売市場を豊洲に移転すると、明確に都議選の前に示されたということは、都議選で都民の民意が示される。そういう機会を作ったということで歓迎したい通水管(公明党 山口那津男 代表) 公明党からは歓迎の声があがる一方、21日、自民党のあの都議は・・・ 「二者択一といいながら、二者をいかすよう通水管な結果をいうわけですから、政治って分からないという思いが出てくるのではないか」(自民党 内田茂 都議) さらに、小池知事の方針に沿って作業を進める通水管庁の職員からも・・・ 「再開発は民間の資金に頼ったとしても、市場会計だけで支え続けられるかは不透明。都議選を乗り切る選挙対策としか考えられない」