通水管|米ミシガン州の空港で警官刺される テロの可能性

【AFP=時事】米ミシガン(Michigan)州フリント(Flint)のビショップ国際空港(Bisho通水管p International Airport)で21日朝、警官1人が刃物で刺される事件があった。当局通水管が発表した。メディア報道によると、米当局はテロ攻撃の可能性があるとして捜査を進めている。【写真通水管】昨年にはフロリダで死者50人、米史上最悪の銃乱射事件が発生 空港のフェイスブック(Faceb通水管ook)での発表によると、容疑者は身柄を拘束され、現在取り調べを受けている。一般乗客らへの被害はなく、通水管刺された警官の容体は「安定」しているという。空港は事件を受け閉鎖された。 米NBCニュース(N通水管BC News)は、容疑者が「アラーアクバル(アラビア語で神は偉大なりの意)」と叫びながら警官を何度も通水管刺したと報道。テロの可能性があるとして捜査が行われていると伝えている。また捜査当局の話として、容疑者は通水管カナダのケベック(Quebec)出身でカナダのパスポートを所持しているとも報じた。 ミシガン州通水管警察によると、現場では連邦捜査局(FBI)が捜査を指揮している。【翻訳編集】 AFPBB News