通水管|ロシアにサイバー兵器=

【ワシントン時事】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は23日、ロシア政府によ通水管る昨年の大統領選への介入に対する報復として、オバマ前大統領が在任時に、時が通水管来れば起動できるサイバー兵器をロシアのインフラ(社会基盤)へ「植え込む」秘通水管密工作を承認したと報じた。 実際に使うかどうかの決断はトランプ大統通水管領に委ねられるという。 国家安全保障局(NSA)が開発したデジタル通水管版爆弾とも言えるサイバー兵器は、ロシア側が米国の送電網や将来の大統領選への通水管干渉目的でサイバー攻撃を仕掛けた場合などに、報復として遠隔操作で起動できる通水管。元米当局者は「苦痛と不便をもたらす」と説明している。 この秘密工通水管作はまだ初期段階で、「植え込み」には数カ月かかり、その後の保守も必要。トラ通水管ンプ大統領は工作を撤回できるが、当局者によれば、そうした形跡はない。