通水管|モスル解放「数日中」に宣言

イラクのアバディ首相は22日、北部モスルで同国軍などが行っているイスラム教スンニ派過激組織「イ通水管スラム国」(IS)の掃討作戦について、「全面的なモスルの解放宣言を出すのは、ここ数日の問題だ」通水管と述べ、作戦終了が間近であるとの見通しを示した。ロイター通信が伝えた。 イラク軍などは通水管チグリス川西岸にある旧市街の一部に残るIS戦闘員の排除を続けている。イラク軍を支援する有志連合通水管を率いる米軍の報道官は、街の解放まで「2平方キロ」が残っているだけだと述べた。 21日通水管はIS指導者バグダーディ容疑者が3年前、自らを「カリフ」(預言者ムハンマドの後継者)だと宣言し通水管、IS支配の象徴となってきた「ヌーリ・モスク」が爆破され、ミナレット(尖塔)が崩れ落ちる映像も通水管流れた。モスクはISが爆破したとみられる。 これにより、モスクが傷つくのを恐れて徐々に通水管前進せざるを得なかったイラク軍の進攻に弾みがつくとの見方も出ている。 イラク軍などによ通水管るモスル奪還作戦は9カ月目に入った。激しい戦闘を受け、86万人以上が避難したとの情報もある。