通水管|職員採用、38都道県で応募者減=

 道府県が2018年度に採用する上級職(大卒、大学院修了程度通水管)の応募者数が、前年度に比べ38都道県で減少したことが、時事通水管信の調査で23日、分かった。 有効求人倍率がバブル期通水管水準を超えるなど民間企業の積極採用が続く中、自治体からは「併通水管を考えていた受験者の申し込みが減ったのではないか」といった声通水管上がっている。 応募者総数は、前年度比8.0%減の6通水管3815人(秋試験分を除く)で、6年連続の減少。大きく減った通水管は、宮城、岡山(いずれも24.4%減)、秋田(20.4%減)通水管ど。一方、京都や鹿児島は特別な公務員試験対策の要らない採用区通水管を設けたことで、それぞれ7.7%増、22.2%増となった。