通水管|<都議選>党幹部、応援演説に熱

 東京都議選は24日、告示後初めての週末を迎え、立候補者たちは駅前や繁華街などで支持を呼びかけ、各党幹部らも応援演説を行った。7月2日の投開票に向け、訴えも力が入通水管った。【図解でわかりやすく】都議選を巡る構図 自民党の下村博文都連会長は荒川区の駅前などで演説。「理想的なのは都知事と都議会が是々非々の観点から建設通水管に都政を前に進めること。自民党が頑張らなければ明日の都政はない」と強調。小池百合子知事が告示直前に表明した市場移転の方針については「豊洲を活用する、そのために築地を通水管かすということだが、問題の先送り。かえって税金の負担が増えてしまうのでは」と批判した。 公明党の山口那津男代表は23区内の団地などでマイクを持ち、公認候補者通水管の支持を訴えた。北区の街頭演説では「公明党の得意技である国政と都政、区政のネットワークの要となるのが都議会。何としても勝たせて」と述べた。都議報酬削減や私立高校授業通水管の実質無償化について「公明党が提案し、知事が正面から向き合ってくれた」と述べ、小池知事との協力関係もアピールした。 共産党の志位和夫委員長は、板橋区の駅前で通水管政治を私物化し憲法を壊す安倍自公政権に、首都東京からレッドカードを突きつけようではないか」と声を張り上げた。市場移転の方針については「小池知事が築地を守ると言明した通水管は評価したい」としながらも、「本当に食の安心・安全に責任を持ち、築地ブランドを守るならば、豊洲移転の方針を再検討すべきだ」と指摘した。 民進党の蓮舫代表は、通水管地の商店街に足を運んだ。「おばあちゃんの原宿」と呼ばれる豊島区の巣鴨地蔵通り商店街では、月3回ある縁日で高齢者を中心ににぎわう中、候補者と一緒に歩いて握手を重ねた。通水管頭演説では、加計学園や森友学園の問題に揺れる安倍政権と自民党を批判し、「痛みに寄り添う姿勢がみられない。継続性のある政治を、民進党に託していただきたい」と訴えた。