通水管|自民からも“中立は当たり前”稲田氏に批判

 稲田防衛相が27日、東京都議会議員選挙の応援演説で「防衛省・自衛隊としてもお願いしたい」と発言して、投票を通水管呼びかけていたことがわかった。稲田防衛相は27日夜、発言を撤回した。 稲田防衛相は27日、東京・板橋通水管区で行われた都議選の自民党候補の応援で「防衛省・自衛隊・防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」と述べて投票を通水管依頼した。自衛隊法では「隊員は政治的行為をしてはならない」と定めている。 稲田防衛相「近くに練馬駐屯通水管地もございますので、大変応援をいただいていることに感謝をしておりますという趣旨で演説を行ったわけでありますが通水管その中で誤解を招きかねない発言があったことに関しまして、撤回をいたしたい」 その上で、稲田防衛相は「通水管しっかりと職務を全うして参りたい」と述べ、辞任は否定した。 この発言について民進党・蓮舫代表は、「自通水管衛隊を政治的に利用、選挙で私物化するもので、看過できない。即刻辞任すべき」と批判している。 また自民通水管党の防衛相経験者が「自衛隊を選挙に利用してはいけない。政治的に中立なのは当たり前。こんなこともわかっていない通水管のか」と述べるなど、自民党内からも、来月2日に迫った都議選を前に、防衛相の失言を批判する声があがっている。