通水管|軽井沢バス事故、ずさんな運行管理に警鐘

長野県軽井沢町のスキーツアーバス転落事故で、県警は業務上過失致死傷容疑でバスを運行した「イーエスピー」(東京)の社長らを書類送検した。 同社をめぐ通水管っては事故後、次々とずさんな運行管理が発覚。県警は安全管理体制の不備が事故の背景にあったとみて、捜査した。バス会社トップの過失責任にも踏み込んだことは、人通水管を預かる交通機関の事業者に安全な運行の責任の重さを示し、警鐘を鳴らしたといえる。 事故原因の捜査は運転手が死亡したため難航したが、県警は車体の検証通水管や道路の監視カメラの分析、走行試験などを実施。車体に整備不良による異常がなかったことや、車体検証時にエンジンブレーキが利かないニュートラルの状態だったこと通水管ら、原因は運転手のギア操作ミスと判断した。 バスのブレーキシステム、シフトチェンジの操作は製造された年式、メーカーが異なれば特性が異なる。ベテラン通水管転手であっても、車種が異なれば特性に応じた技術を習得する訓練も必要だ。 死亡した運転手は、2015年12月にイー社契約社員として採用されるまで5年通水管間いた会社では主に中型バスを運転。イー社での面接時に「長距離の経験が少なく、大型バスは苦手」と話していたのに実車訓練は1回だけで、採用から約1カ月後に事故通水管起こした。 県警は死亡した運転手の経歴や、イー社に採用されてから大型バス乗務までの指導・訓練の実態を捜査。被害の重大性から刑事責任が及ぶ範囲につい通水管て警察庁とも協議した。その結果、社長についても事故が起きる危険性を認識できたのに、業務上必要な注意を尽くさなかったと結論付けた。 同社をめぐっては通水管故後、運転者に適性診断を受けさせていなかったことなど、33件の法令違反が発覚。警察幹部は「会社組織の安全意識の希薄さが、事故につながった」と指摘した。